2018年度受験コースのページの表紙へ
受講生・卒業生を知る教材・テキストを見る
環境を知る人と会う資料を請求するトップページへ
カリキュラムを見る
   
募集対象

・「こうすれば解ける」だけではなく、原理から学びたい
・受験を利用して、将来必要になる能力を身につけたい
・学問の片鱗を感じながら、自らの手でも創ってゆけるようになりたい

上記のような意志を持ち、せっかく学ぶなら、徹底的に深く、その結果として余裕を持って受験を通過するということを望んでいる人を募集します。

 
  

 中途半端な時期から学ぶより、1月からの1年間で徹底的に学べば、どの教科も十分な力がつけられるものです。授業の内容を確実に身につけていけば、テキストの問題以外に演習は一切必要ありません。1から始めてゆきましょう。

 どうしても不安な人は、数学なら、学校で配られる数研出版の薄い問題集(受験編ではなく基礎編)のA問題(一番易しいもの)のみを数I,II,A,Bについて、あらかじめ完璧にしておいて下さい。これは、数学をスポーツに例えるなら、最低限の筋トレにあたるものです。基礎のないうちに難しい問題を解くことは、単純に解き方を覚えてしまうことにつながるだけですから、決して難しい問題に手を出す必要はありません。

 理科・国語・社会は前提知識は一切不要です。
 
 

関連ページ