2017年度

アクチュアリー試験「数学」

対策講座開講

一ヶ月一分野完結

アクチュアリー試験(一次)の五つの科目(数学/損保数理/生保数理/年金数理/会計・経済・投資理論)の中で、取得難易度が高いとされている「数学」ですが、実はかなりの範囲は高校範囲でカバーされており、高校範囲を超える確率論/統計学等の範囲も、高校数学さえしっかりしていれば敷居の高い物ではありません。一見遠回りに見えるかもしれませんが、何度受けても受からないという事に陥らない為にも、急がば回れの精神で、基礎から盤石な土台をつくることが重要です。
本講座は、アクチュアリー試験・数学科目に必要な数学を、高校範囲の基礎から大学範囲まで完全網羅し、10月以降、難なく過去問や指定教科書などを用いて自力で勉強を進めていくことをできる強固な実力を養成することが目的です。また、損保数理・生保数理・年金数理の数学的対策にもなっています。第一部では、確率・統計・モデリングを理解するために必要な数学的知識・実力を分野毎につけていくことを行い、第二部では、実際に確率・統計・モデリング各分野における重要概念の把握および手法の整理を行います。(入塾試験による断りがないのにも関わらず、在籍者の3/4が東大・早慶・各医学部等に進学する、ヴェリタスの数学カリキュラムのノウハウを生かしつくられた講座です。時間のない社会人の方が最速で合格する為の数学力を養成します。)

こんな方向けです。
   

・財務部門や営業部門などで働いているが,キャリアアップの為にアクチュアリーの資格を取りたい方
・文系だったので、理系範囲が抜けている
・過去問の解答を読んで、なんとなく分かった気はするが、自分で解こうとするとどうも手が動かない
・もう何年も数学から離れている
・やればやるほど曖昧な部分が増えていく気がする



<受講特典>
  • 質問フォロー30日間利用可(*1)
  • 自習室30日間利用可   (*2)
  • 毎週授業後2時間はOffice hour
    (講師常駐で演習/自由参加・無料)
    (*3)
(*1) 質問フォローは、平日夜間(〜20:30)・土曜午後(13:00〜18:00)に限ります。また、混み合う場合は質問までに自習室等でお待ちいただく場合もあります。
(*2) 自習室は、受講日から30日間,毎日8:30〜22:00まで使用可能です。高校生・大学生と同室となることもございますので、あらかじめご了承ください。
(*3) 授業後の14:00〜16:00はOffice hourとなります。その日の授業の内容を整理させ、疑問を解決する時間としてお役立て下さい。


<講座内容>

一ヶ月に4回(第1〜第4日曜)で、一分野を網羅します。
好きな分野のみを選択し、受講することもできます。

講座名 開講日
第一部
アクチュアリー試験の為の数学1
初等関数
最大最小対策1・図形対策・正規分布の基礎
2017年2月5日(日)
2017年2月12日(日)
2017年2月19日(日)
2017年2月26日(日)
アクチュアリー試験の為の数学2
数列
離散和・離散関数の微積分・確率の漸化式・帰納法対策
2017年3月5日(日)
2017年3月12日(日)
2017年3月19日(日)
2017年3月26日(日)
アクチュアリー試験の為の数学3
微積分1
近似法・最大最小対策2・母関数
2017年4月2日(日)
2017年4月9日(日)
2017年4月16日(日)
2017年4月23日(日)
アクチュアリー試験の為の数学4
微積分2
連続和・確率密度関数の積分・微分方程式対策
2017年5月7日(日)
2017年5月14日(日)
2017年5月21日(日)
2017年5月28日(日)

第二部
アクチュアリー試験の為の数学5
確率1
離散的確率・期待値・分散・ランダムウオーク
2017年6月4日(日)
2017年6月11日(日)
2017年6月18日(日)
2017年6月25日(日)
アクチュアリー試験の為の数学6
確率2
連続的確率・分布関数の扱いの全網羅
2017年7月9日(日)
2017年7月16日(日)
2017年7月23日(日)
2017年7月30日(日)
アクチュアリー試験の為の数学7
統計1
推定・検定・回帰分析・時系列解析の基礎
2017年8月6日(日)
2017年8月13日(日)
2017年8月20日(日)
2017年8月27日(日)
アクチュアリー試験の為の数学8
統計2
推定・検定・回帰分析・時系列解析の手法総整理
2017年9月3日(日)
2017年9月10日(日)
2017年9月17日(日)
2017年9月24日(日)
アクチュアリー試験の為の数学9
モデリング
行列・確率過程・線形計画法・最大最小対策3
計算回避法の全網羅
2017年10月1日(日)
2017年10月8日(日)
2017年10月15日(日)
2017年10月22日(日)
   ※いずれの講座とも、定員になり次第締め切らせていただきます。


<前提知識>
  • 中学範囲の数学(展開・因数分解・ルート・一次方程式・一次不等式・一次関数・連立方程式・二次方程式の簡単なもの)
  • それより前の回で行った授業内容(各回はできる限り読み切り性を高く、それまでの回の内容もある程度重複してカリキュラムを組んでありますが、特に、微積分1の回は、2月の初等関数の内容を、微積分2の回は3月の数列の内容を、確率2の回は5月の微積分2の内容を前提とします)


<数学基礎力 自己診断チェックシート>
アクチュアリー試験に合格するための,分野毎の「数学基礎力」ならびに「講座受講の必要性の有無」を自己診断できるチェックシートを用意いたしました。
こちらからダウンロードしてください。 なお、正確に判定するために,制限時間については厳密に扱ってください.また,実際に計算をせずに答えを覚えてしまっているような場合は,正確な判定になりませんので,採点対象から外し,満点に対する割合で判断してください.



<受講手続きについて>
申込み受付期間 各講座開講日3日前の20:00まで
申し込み方法
  1. 受講申込書を,ダウンロードもしくはヴェリタスまでご請求ください。
  2. 受講申込書に必要事項を記入いただき、指定の口座に受講料をお振込みください。
  3. FAXもしくは窓口にて、「受講申込書」と「振込み完了の確認が出来るもの(払込票、ご利用明細等)」をご提出ください。(FAX番号:03-3811-8842)
  4. ヴェリタスにて手続きが完了しましたら、受講票を郵送にてお送りいたします。(受講日まで間近の場合は、確認のお電話をさせていただきます。)
  5. 各種割引・キャッシュバック制度を用意しております。詳細はこちら



平成23年度アクチュアリー試験「数学」解説動画(YouTube)
 
問題1(2)(確率) 問題1(6)(統計)
問題はこちら 問題はこちら
問題3(統計) 1/2 問題3(統計) 2/2
問題はこちら 問題はこちら



TEL  03-3811-9640 (代表)

所在地 1号館:東京都文京区本郷4-2-5
2号館:東京都文京区本郷2-40-1 <受付はこちら>
受付時間: 月〜金
15:30〜20:30
13:00〜18:00
[ アクセス | 広域図 (半径800m) | 詳細図 (半径100m) ]


Copyright © Tokyo Pure Science and Philosophy Society ─ All rights are reserved.