ヴェリタス学校長 梅津英世
大学に近いとは「大学側が望んでいること」をわかっているという意味です。

大学は、学問の場であり、今の高校の感覚とは大きくズレのある場所です。

ヴェリタスの講師スタッフは、基本的に全員大学の研究者です。
大学とはどのような場所で、どんな力が必要で、何を大切にしている場所なのか、
日々体感しながら過ごしています。

結果として、大学入試という意味でも、
大学が何を求めて入試問題をつくっているのか、という背景を熟知しているため、
問題の見た目に惑わされず、
どんな力を身につければよいのかの最短を示す事ができるのです。