U4クラス
 (18名が答えてくれました/21名中)

在籍者: 桜蔭1、海城1、開成3、小石川(都)1、芝3、巣鴨8、筑駒2、筑附1、桐蔭1
 


U3クラス

  (16名が答えてくれました/23名中)
在籍者:ICU2、麻布2、お茶附1、海城2、開成1、芝2、巣鴨4、成蹊1、成城1、東洋英和1、日本女子大附1、日比谷(都)1、普連土2、武蔵1、明中1
 


U2クラス

  (17名が答えてくれました/20名中)

在籍者:ICU1、麻布3、開成2、学芸大附1、家政1、芝1、巣鴨1、成蹊1、成城1、東洋英和2、戸山(都)2、普連土1、武蔵1、明中1、早稲田1
 


U1クラス

  (6名が答えてくれました/8名中)

在籍者:桜蔭2、お茶附1、開成2、東洋英和1、戸山(都)1、白鴎1
 

*回答のあったものはすべて、
 原文のまま掲載しています。

*U4クラスが最上位クラスです。


 

 
U3クラス

 考え方の枠組みのようなものがいかに大切かを痛感させられました。復習を完璧にこなせば実力がついてくるというのは本当でした。

 大学生活が少し分かりました。塾長からのほどよいプレッシャーを感じました。

 こんなに快く質問を受け付けてくれるのはここぐらいです。どうして数学を勉強をするのか、の問いに納得できる答えをくれました。ベリの授業を聞くと「なぜ」を考えるので楽しくなります。よ。

 結構頭を使う問題ばかりなので自分のためになっています。

 教室が年中無休で解放されているのはすごいところだと思う。いつでも勉強できるので、とても魅力的な環境です。

 難しめの問題に対する抵抗がなくなりつつあり、OKです。

 授業が終わるのは遅いが、丁寧で分かりやすい。

 ヴェリタス数学科は概念や解法はもちろんですが、何よりも、正しい勉強方法を教えてくれる塾です。

 問題も良くて、解説も良いけど、時間が長過ぎて夜遅くなるのが嫌です。後はおおむね満足。

 文部省の教育課程では見落としがちな考え方や教えられない考えの中に大事な拠念が含まれていることを知りました。この塾はそのようなものも分かり易くかつ、受験に役立つよう教えてくれるので数学が嫌いな人も好きになれます。先生方もとても親身に教えて下さり、本当にありがとうございます。

 難しい問題で数学の力が鍛えられます。すばらしい。でも難しくて泣きそう。

 時間延長するのはうれしいけど、つかれる。

 この塾で、数学の本質を学ぶことができました。ただ公式を覚えるのではなく、その背景を学ぶことで、様々な問題に対処する手法が身につきました。

 今まで解いたどんな入試問題も1〜3月頃にやった基本を使って解く問題ばかりなので、やはり基本と復習は大切だと痛感しています。

 突然ですが、数学って難しいものです。「そんなことないさ!!」と思う人もたくさんいるだろうけど、少なくとも僕はそう思います。英語や国語のように「次の文章を英訳せよ」とか「次の人物の心情は?」などの問題だと百人いたら、百通 りの解答があるわけで。でも数学は人それぞれ解き方は違っても、たどりつく答はひとつなわけで。そこら辺が嫌悪感を抱く原因になったりします。テストが終わって「俺けっこうできたよ」とか思っている時に、周りで「○○の答さ、○○になったよな〜(自分のと違う答え)」「あ〜、俺も」なんて言われるとマジで焦ります。そんなのが重なって数学が嫌いになるのですが…。でも数学の最大の魅力である、解けた瞬間に感じるあの素晴らしい爽快感というやつ、あれはまさにサイコーですね。僕自身、あまり家でガツガツ勉強するタイプの人ではないのですが、この塾に入って、数学などの問題の根本的な解き方やその解き方を導く過程などを教えてもらっているうちに、今まで解けなかった問題が少しずつ解けるようになっていきました。このときの気持ちって…口では難しいが…自分の中に潜む可能性ってやつを見てしまったような…ずっと我慢していた○○を思いっきり出すような…某総理が辞めた時のような…のび太がジャイアンに自力で勝ったような…まあ、例えが長くなってしまったが、要するに「数学は解けると面 白くて、解けないとつまんねー」ってことです。で、僕が解けるようになったのは、この塾の存在が大きなウエイトを占めるので、なんかめっちゃ長くなったけど僕が言いたかったことは、この塾に入ってよかったということです。

 谷道先生は服がいつも同じだけど、内心はシャイな少年だと思います。