入試数学上級テストゼミ
* 受講者全員分のアンケートを、原文のまま掲載しています。

 

 問題を解くときに、自分を縛っていたくせがたくさん見つかった。今まで頭をほとんど使えていなかったことが分かった。(慶應志木)

 分かりやすかった。(筑波大学附属)

 テストは解けなかったけどとても楽しかった。見方がかわったり、テストがどんなにとれなくても数学楽しいなと思えた。同じ問題をとけるようにする、でなく何を吸収するかなど色々なお話もためになりました。(日本女子大附属)

 網羅されている感じ。(豊島岡)

 自分の愚かさに改めて気付いた(ここまで思い知らされたのも久しい)。勉強のしかたの方針を示していただいた。思考のプロセスがわかったが、まだ身についていない。わかっていない。身についていない。無知を思い知る。ただ、刺激的だった。(芝)

 テストが難しくて大変だったけど、学ぶことが多くてためになりました。ありがとうございました。(淑徳与野)

 式の見方とか全然変わった。こんな事もあるんだ!っていろいろ発見があっておもしろかった。H.w.も毎日考えていて楽しかった!(淑徳与野)

 自分でどんどん問題を難しくしてしまっていたんだなーと実感。(十文字)

 難問を解くときの考え方を教えてくれた所が良かった。基本演習のやりこみが足りないことがわかった。自分の苦手分野がわかった。(桐朋)

 数学を解く時の姿勢(気づくことを増やすアプローチなど)を知ることができて良かったです。(日比谷)

 頭の中がとても良く整理されたと思う。整数確率がいかに重要か気づけた。(筑波大学附属)

 今まで習ってきたことを違う視点で見れた。入試情報も面白かった。(白百合)

 問題をみたときどのように対処していけばいいのかが分かった。(白百合)

 数学のあやふやだったところが整理され、また「こうなるからこう」と論理的に考える力もついたと思う。また、発想などの大切さにも気付いた。数学がもっと好きになった。(筑波大学附属)

 徐々に点数が上がってよかった。(獨協埼玉)

 実際に問題を解いてみることで、理解していないところや、時間内に解ききれなかった部分が把握出来て良かった。また、自分と違うアイデアが多数見れて良かった。(開成)

 学んで来たことを実践的に使うことが出来た。(開成)

 問題は難解かつ複雑で、最初から自力で解くのは辛かったが1つの問題に対して多方面からアプローチしていき、様々な問題に対応できる幅が広がった。(お茶大附属)

  テストで長時間考えることが楽しかった。(芝)

 目からウロコで問題に対する見方が変わった。 悩むことが苦痛ではなくなり、間違った問題に対しては、どうして間違えたんだろう、何を学べるのだろうとある意味前向きにとらえることができるようになった。(海城)

  つい反射的になってしまうようなところも色々考えてから書き始めるようになった。(芝)

 1つの問題に対する接し方が変わり。得られるものが増えた。(芝)

 問題を見たときにどのように考えていくかが分かりやすくて、授業を聞いていて数学が面白いと感じられてよかった。(雙葉)

 ただ解き方が分かるだけじゃなく、次に繋げられるような考え方を色々学べたのがよかったです。(女子学院)

 考えることが楽しいと気付いた。能動的な授業の受け方で、面白かったし楽しかった。(明大中野)

 頭の使い方が分かった。(白百合)

 手の出ない問題に対する姿勢や、それらが持つ面白さに気付くことが出来た。(早稲田)

 色々な試行錯誤をして考えていくというプロセスを分かりやすく教えてもらえて、授業が楽しみでした。(お茶の水附属)

 手法の使い方がよく分かった。(東邦大東邦)

 テストゼミは本当に難しかったけれど、解説をうけて「そういう見方をするのか!」と思ったところが多かった。(順天)