以下の要領で、公開講座を開催します。

夏学期集中授業 無料公開講座
2006年8月21日 (月)〜8月25日(金)
第4ターム5限 17:40〜19:40

『複素数平面 講義』

 

対象:高校生以上
参加資格:
 1.原則として全日参加できる方
 2.三角関数とベクトルの基礎を終えている方
 3.複素数平面が未習である方
    (複素数平面について既に十分な知識がある方はご遠慮下さい)

 この講座では,「虚数という概念がなぜ必要なのか」ということから出発し,初日は,いかに複素数・複素平面を定義するかを検討します.そして,複素数同士の「和,差,積,商」及び「共役」という演算がもつ図形的な意味明らかにし,複素数が持つ豊かな幾何学の世界を紹介していきます.常にベクトルと対比しながら講義をしますので,ベクトルの既習が前提となります.四日目以降では,複素平面上の「直線」「円」の方程式,複素平面上の写像(反転・一次分数変換)のメカニズムを講義し,複素平面上の幾何学の構造をつかんでもらうことを目的とします.
 複素数平面は,数Cの行列において有用な計算回避を可能とするので理系の受験生にとっては,受験という意味でも極めて有意義なものです.


【2006年度 夏学期集中授業 無料公開講座は受付を終了いたしました】

■カリキュラムや開講曜日等の詳しい資料は、お電話またはこちらのページにてご請求下さい。
■夏学期集中授業のその他の講座についてはこちらをご覧下さい。

公開無料講座の申し込みはお電話にて先着順の受付となります(TEL: 03-3811-9640)。
事務受付時間は、平日 15:30〜21:30、土 13:00〜19:00 です。
 # なお、お申し込みは7月7日〜8月19日までとさせていただきます。

 

トップページに戻ります